第4回 東北野生動物管理研究交流会inつるおか


(10/23 追記)
今年度は定員に達したため、参加者の募集を締め切りました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。
来年度のご参加も何卒よろしくお願いいたします。

Adobe_PDF_file_icon_24x24(NEW)交流会要旨集をこちらからダウンロードできます。

Adobe_PDF_file_icon_24x24案内リーフレットをこちらからダウンロードできます。


開催主旨

 野生動物によってもたらされる産業・生活基盤への影響は、深刻な社会問題として広く議論されるようになりました。これら問題の主因として、野生動物の個体数の増加と同時に、農村や、その周辺域における急速な人口(=担い手)の減少が考えられます。
 そのため、人口減少率が高い東北において、縮小社会に適応した新たな野生動物管理システムの構築が今まさに求められています。
この研究交流会では、東北各地の昨今の取り組み事例から課題を共有・整理し、問題解決に向けた産官学の役割について議論していきます。

 今年度の交流会では、捕獲・目撃情報・原発事故・モニタリングなどの野生動物管理に関わる各種キーワードをもとに、産官学のそれぞれの立場から取り組まれてきたこれまでの研究成果をリレートーク形式でご紹介します。また、東北地方における野生動物管理において、「人口減少」は無視できない大きな社会変化です。基調講演では、人口減少社会が、生物多様性、そして我々社会を支える基盤となっている「生態系」に及ぼしうる影響を多面的に評価した研究をご紹介していただきます。
 また、今年度の交流会においても、野生動物の生態や管理に関わる研究や事業の紹介を通して、情報の発信と共有を促進することを目的としたポスターセッションを開催します。


開催要項

日 時2017年11月11日(土) 10時30分 - 17時40分 (10時00分開場)
会 場山形大学農学部(山形県鶴岡市) 301講義室ほか
参加費無料(事前の申し込みが必要です)
定 員先着120名
主 催東北野生動物管理研究交流会実行委員会,合同会社東北野生動物保護管理センター
共 催鶴岡市(予定)
後 援山形県(予定),「野生生物と社会」学会

タイムテーブル

  • 10:30      開場
  • 10:30-10:40  開会挨拶・趣旨説明
  • 10:40-12:10  リレートーク Part 1
              ■宇野 壮春 氏(合同会社東北野生動物保護管理センター)
                「イノシシの分布回復と捕獲手法による諸問題」
              ■奥田 圭 氏(東京農工大学)
                「原発事故・津波被災に伴う人間の移出が野生哺乳類群集に与え
                 る影響」
              ■斎藤 昌幸 氏(山形大学)
                「山形県でクマが目撃される場所にはどんな特徴があるか?」
  • 12:10-12:45  昼食・休憩
  • 12:45-15:00  ポスター発表
  • 15:15-16:25  基調講演
               深澤 圭太 氏(国立環境研究所)
                「無住居化がもたらす景観と生態系の変化」
  • 16:30-17:30  リレートーク Part 2
              ■古澤 優佳 氏(山形県森林研究研修センター)
                「山形県におけるシカの目撃情報と生息実態」
              ■江成 広斗 氏(山形大学)
                「鳴声を使った新たなシカのモニタリングの試み」
  • 17:30-17:40  総括・閉会の挨拶
  • 18:30-20:30  懇親会

 

ポスター発表

野生動物に関するポスター発表を募集しています。

発表例
‐鳥獣対策の事例紹介や事例報告
‐野生動物の生態に関する基礎・応用研究
‐野生動物の問題解決に向けた地域づくり
  • 野生動物に関する事例のみを対象とします。愛玩動物は含まれませんのでご了承ください。
  • 企業ブースはポスター発表のみとさせて頂きます。
  • 発表を希望される方は研究交流会に申し込みのうえ、発表タイトルを登録してください。発表タイトルの登録をもって、ポスター発表の申し込み完了とさせて頂きます。
  • ポスターは、縦100cm×幅120cm以内に収めて下さい。

 

会場

山形大学農学部
 住 所  山形県鶴岡市若葉町1-23
 交 通  山形駅-鶴岡駅:高速バスで約2時間
      仙台駅-鶴岡駅:高速バスで約3時間(要予約)
      新潟駅-鶴岡駅:JR(特急)で約2時間
      鶴岡駅-大 学:徒歩約15分
 駐車場  あり
      自家用車でお越しの方は、道路を挟んだ正門向い側、体育館前が駐車場となり
      ますので、こちらをご利用ください。

 

懇親会

 会 場  山形大学農学部生協
 定 員  先着80名
 会 費  一般 3,000円
      学生 2,000円
 申し込み 研究交流会の参加申し込みを済ませてから下記の口座に会費をお振込下さい。
      ※当日参加は受け付けておりません。
     

懇親会費振込先
ゆうちょ銀行 普通預金
店番:858 口座番号:2335465
口座名義人:エナリハルカ
振込期限:10月31日(火)
  • 注意事項
  • お申し込み後の懇親会参加キャンセル受付は、申し込み締め切り日(10月31日)までとなります。
  • 申し込み締切日前に懇親会費を振り込み、キャンセルとなる場合は、返金手数料(振込手数料)を除いた金額を返金いたします。申し込み締め切り後は返金できませんので、ご注意ください。
  • また、申し込み締め切りまでにお振込みいただけない場合は、懇親会を欠席するとみなしますのでご注意ください。

 

お申し込み

  • 定員に達したため、参加申し込みの受付けを終了しました。
  • 参加には事前にお申し込みが必要です。
  • 下のアイコンから申し込みフォームのページにアクセスしてお申し込み下さい。
  • 参加申し込み、発表タイトルの登録、共に10月31日(火)が締め切りです。先着順となりますのでお早めにお申し込み下さい。
  • ポスター発表をご希望の方は、事前に研究交流会の参加申し込みを済ませてから発表タイトルの登録を行って下さい。


録音・録画・写真撮影に関するお願い

  • リレートーク、基調講演、ポスター発表の会場におきましては、発表における著作権への配慮のため、参加者が他者の発表の録音、録画、撮影等を行うことは禁止させて頂きますので、ご留意ください。
  • 取材をご希望のメディア関係者の方は、事前に下記のメールアドレスまでお問い合わせ下さい。


お問い合わせ

本研究交流会に関するお問い合わせは、メールにて受け付けております。

【お問い合わせ先】
交流会事務局:江成はるか
mail : tohoku.wildlife(at)gmail.com  ※(at)を@に置き換えて送信して下さい。